あきらめることはありません!薄毛治療で発毛できます。

薄毛で悩んでいる方の多くが、発毛は難しいのではないか、もうあきらめるしかない、と思っていることでしょう。そんなことはありません。薄毛治療をすれば発毛できる可能性はあります。病院で診断、処方してもらうことで、以前のような髪の毛のケアだけではなく、薄毛の原因に対して医学的な治療をすることで大きな効果が期待できます。ここでは日本人の男性に多いAGAの薄毛治療のポイントについてご紹介します。

1.AGAの原因は男性ホルモンの変換によるものだった
男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されてしまうと、髪の毛の成長を止めて、脱毛させるシグナルが出てしまうことによるものです。

2.弱った毛根周辺の毛細血管にはミノキシジル
ジヒドロテストステロンによって発毛サイクルが正常に働かなくなると、毛根周辺の毛細血管は細く弱ってしまい、必要な栄養素を運べなくなってしまいます。ミノキシジルはその毛細血管を強く太く再生してくれます。

3.ジヒドロテストステロンを抑えるにはフィナステリド
テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるとき、5αリダクターゼという酵素の一種が作用しているのですが、この酵素の働きを阻害する効き目があるのがフィナステリドという内服薬です。

この3点が、今の薄毛治療が医学的に効果が期待できるものであることの大きなポイントです。これに加えて以前から行われていた、シャンプーやローションによる頭皮環境の改善、運動やマッサージによる血流改善などを合わせて行うことで、より大きな治療効果が期待できます。最後に、薄毛に気づいたら早期に対処することで、より効果的に治療できることを付け加えておきます。